当サイト「就労ビザ神奈川ドットコム」では「外国人の方が働くためのビザ(就労ビザ)」の下記のようなサポートをさせていただいております。

 

新たに就労ビザ(ワーキングビザ)取りたい

ビザ変更をしたい

家族を呼びたい

会社を設立したい方

経営管理(投資経営)ビザ取りたい方

出国準備中だけど日本に残りたい方

 

外国人雇用についてのご相談は

一般社団法人 外国人支援機構

お客様の声 その1 【就労ビザ】

ベトナム出身のギミレ様は、日本語学校と専門学校を卒業後、コンビニでのアルバイトが決まりました。すると、その働きぶりから正社員を打診され、就労ビザが必要となりました。そこで、同胞の友人から紹介された立木法務事務所に相談。現在は正社員として勤務しています。勤務先のオーナー様と一緒にお話を伺いました。
(取材日:2018年12月)

 

 

コンビニに就職するため、就労ビザが必要に

 

  • 店長の松尾様に伺います。この店舗、セブンイレブン川崎市市ノ坪南店について、教えてください

松尾様)フランチャイズオーナーとして、2017年2月にオープンした店舗です。 それ以前は、セブン-イレブン・ジャパンの本部社員を12年間ほど勤務していました。経営指導を6年、店舗開発を3年した経験を活かして、独立。現在、1年10か月ですが、神奈川県内に2店舗を経営するフランチャイズオーナーになりました。 

 

  • 現在の従業員数は?

松尾様)社員は5名。アルバイト含めると、この川崎の店舗で25名、横浜の店舗で20人ほどです。2店舗目をオープンするため、人材を探していました。そのときにアルバイトとして働いていたのが、ギミレさんでした。

 

  • アルバイトは、いつから始めましたか?

ギミレ様)2018年4月からです。私は、2014年7月に留学ビザで来日しました。日本語学校で2年間勉強し、その後専門学校で国際情報ビジネスを学び、今年、2018年3月に卒業。特定活動ビザで就職活動をし、このアルバイトを見つけて働き始めました。 オーナーの松尾さんから正社員のお話をいただきました。ビザが必要となり、同郷の友人が就労ビザでお世話になった立木先生を松尾さんに紹介して連絡を取ってもらいました。

 

 

同僚からの評判が良いので、ギミレさんの採用を決めました

 

  • 松尾様に伺います。これまで、ビザなどで行政書士と関わりはありましたか?

松尾様)いいえ。助成金等の件で、行政書士に相談したことはありましたが、ビザ関連ではありませんでした。ご連絡をし、立木先生にお越しいただき、名刺を見てお話を聞いて、専門家として安心して任せられそうだと感じました。

 

  • 日本人としては、ビザについての知識はないと思いますが、難しく感じませんでしたか?

松尾様)いいえ、立木先生がシンプルに教えてくれたので、難しくはありませんでした。 ビザの期間が1年、3年、5年がある中で、「最初から、3年や5年を取得するのは難しいですよ」という説明だとか、どういう基準があるのかなど、初心者でもわかるように、ていねいに教えてくれました。そういう意味では、わかりやすかったですし、やることを明確に教えてもらいました。

 

  • もし、ギミレ様の就労ビザが取れなかったら、経営に与えるインパクトはありましたか?

松尾様)そうですね…。経営的には、社員が確保できないので、きついですね。ギミレさんの場合は、2~3カ月働いた中で、早く信頼関係を築けたので。必要な人材だと思って進めていましたので。 何より、ビザが取れなかったから、ギミレさんは働けませんから、帰国することになっていたかもしれません。それを考えたら、ビザの申請に失敗できないというか、慎重になっていたと思います。

 

  • ギミレ様を正社員として雇用した理由は?

松尾様)コンビニ経営というのは、人材管理がもっとも大事です。その点でギミレさんの人となりというか、人柄を評価しました。 正直なところ、ギミレさんは、言葉は完ぺきではありませんし、業務的にも覚えるべき仕事がたくさんあると思っています。しかし、人をまとめる力というか、人柄ですよね。誰に聞いても「ギミレさんと一緒だと、働きやすい」と言うんですね。ギミレさんは、率先して自分からどんどん働いてくれているので、そういうところが人がちゃんとついてくると思います。いわゆる、背中を見せるというのは抜群にいいですね。

 

  • ビザを立木先生に頼みましたが、自分でビザを採ろうと思わなかったですか?

ギミレ様)思いませんでした。難しいですから。友人のひとりが、飲食業に就職し、そのとき立木先生にビザでお世話になりました。他の友人もお世話になっていて、「あの先生なら、大丈夫」と勧められました。

 

  • 実際の手続きの中で、何か困ったことはありましたか?

松尾様)資料のつくり方が分からないところがありましたが、立木先生がうまくレールを引いてくれました。入国管理局に、「こういう業務内容で管理業務をやる」というのを証拠として提出する必要があるそうで、ギミレさんのスケジュール関係も確認してくれて、何度かやり取りをして提出してもらいました。私がやり方を分かっていなかったので、何度かありましたけど、全部で10回ぐらいでしょうか。その都度、相談して対応してもらいました。

 

  • 今回の費用は、ギミレ様の負担ですか?

松尾様)当初、ギミレさんが全額出すと言っていたのですが、信頼できる貴重な人材ですから、会社も半分負担することにしました。このコストについては、高いと思っていません。優秀な人材なら、必要経費です。

 

 

 

立木先生のサポートは、かゆいところに手が届く

 

  • 立木先生の印象は?

松尾様)特筆すべきは、本当にかゆいところに手が届くというところですね。これまでも、コンビニオーナーからの依頼があったようで、コンビニの内情も詳しくて助かりました。コンビニとしての書類の書き方も熟知しているので、こういうふうに書いてみたらどうだろう?ということをやんわり教えてくれたので、ありがたいなと思いました。 もう1つは、スピード感ですね。実は、ビザの提出期限もあった中、私が提出した書類に不備があったんです。それも2回くらい。でも、レスポンスが早いので、すぐ対応してくれて。余裕を持ってビザを取得することができたので、助かりましたね。

 

  • ギミレ様に質問です。ビザが取れましたが、日本での夢はありますか?

ギミレ様)ここで一生懸命働いて、自分のお店を持って、オーナーになりたいです。

 

  • オーナーになるために、外国籍の方だからという条件はあるのですか?

松尾様)いいえ、そういった条件はありません。 もちろんフランチャイズオーナーとしてやることもできますし、私が店舗を増やすときに店長としてやってもらって、しっかり利益を取ってもらうという形で進めることも可能です。いずれにしても、まずはここで経験を積んで、経営ノウハウを身につけると良いと思いますね。本部にいた経験からも、コンビニ経営の成功パターンをつかんでから独立するのが確実だと思っています。

 

  • 今後のビジネス展開は、どのようにお考えですか?

松尾様)店舗数を拡大していきたいですね。やっぱり、一緒にやってくれる人の給料を増やしていくためには店舗拡大が一番早いので。そういった形で自分と一緒にやってくれる人を幸せにしていきたいなと思っています。もちろんギミレさんにも幸せになってもらわないといけないので。

 

  • 今後の店舗展開のご予定は?

松尾様)3店舗目を計画中です。いま、ギミレさんには横浜(長津田)を中心に勤務してもらっていますが、通勤に40分ぐらいかかってしまっているので、そのあたりも考慮できれば良いなと思っています。

 

  • 消費者からすると、24時間オープンしているコンビニはありがたい存在ですけど、働く人は大変ですよね

松尾様)そうですね。24時間営業ですから、各時間帯で様々な環境の方が働いていてくれています。そういう人たちをまとめられる人は、ギミレさんみたいに真面目で一生懸命な人なんですよね。そういう人柄がなければ、耳を傾けてくれません。ギミレさんには、そこが一番期待しているところでもあり、今回一緒にやろうと思ったきっかけですからね。これからも期待しています。

 

  • 立木先生にひとこと、お願いします

松尾様)このたびは、おせわになりました。就労ビザは更新もありますし、今後、新しい外国人の人材を雇用することもあるかと思います。その際は、ぜひ相談させてください。それに、ギミレさんのお友だちでも、ビザが必要になるかもしれません。そのときは、立木先生に連絡すると思います。 ギミレ様)立木先生、ありがとうございました。

 

 

松尾様、ギミレ様 お忙しいところ、ありがとうございました。

 

取材日:2018年12月
取材協力:キョーカンシャ!

※文中に記載されている数値情報等は、いずれも取材当日のものです

 

お客様の声 その2 【経営管理ビザ】

中国出身の李 露倩様は、日本の大学院を卒業後に日本企業に勤務。2年前の2017年に独立し、デザインプラットフォームのマッチングサービスを立ち上げました。独立に際して、それまでの就労ビザから経営管理ビザへの切り替えが必要となり、立木法務事務所にてビザの申請を依頼。10社の行政書士を比較したうえで、立木法務事務所に依頼を決めた理由を中心にお話を伺いました。
(取材日:2018年11月)

 

日本のアニメを見て育ち、日本の大学院に留学

 

  • 李さまについて、教えてください

中国で大学を卒業して、2012年4月に来日。日本語学校に1年、大学院に2年、それからインターネット関連の日本企業でビジネス・デベロップメントの仕事を3年ほどして、2年前の2017年に独立。マッチングサービスを始めました。マッチングサービスを選んだのは、大学院での専門が、情報通信研究科(情報理工)であり、ITとメディアの知識を研究しながら、「ITやネットの力を使って、日本のコンテンツを海外の方に発信する」ということに興味があったからです。

 

  • 現在のビジネスについて、教えてください

創業当初は、デザインプラットフォーム事業でした。日本でイラストレーター800人ぐらいと、日本のトップレベルのデザイン会社50社ぐらいを集めて、海外のクライアントに紹介するというマッチングサービスです。

半年ぐらい経つと、著作権や映像に関する問い合わせも来るようになったのです。お客さまにとっては、文化やコンテンツ系はざっくりとしたイメージしかないので、その区別がよく分からないんですよね。1年経った今では、著作権や声優、芸能事務所のお話もいただいて、エージェンシー会社のようになっています。

 

  • 来日の経緯は?

もともと、大学のときに日本語を勉強していました。私のような若い年代の中国人は、小さいときから日本のアニメを見て育っているので、日本に対する好感度は高いのが一般的です。私も例外ではなく、日本に対して憧れや興味があったので、ずっと旅行に行きたいと思っていました。

そして、私が大学2年生のとき、母と一緒に日本に旅行に来ました。そのときは本州を一周して、京都や大阪にも行きましたが、やっぱり東京が好きでしたね。好きというか、アジアの国や都市の中で、新しい情報といつでも触れられるのは、東京しかないと思いました。すごくきれいなところでもあり、そこで暮らしてみたいと思って留学に来ました。

 

  • 子どもの頃、どんなアニメを見ていたのですか?

小さいときから、『コナン』が好きで、劇場版は基本的に全部見ています。昔の作品なら、『クレヨンしんちゃん』や『ドラえもん』など。有名な作品は、ほとんど全部見ていると思います。最近の作品なら、『進撃の巨人』や『亜人』、『寄生獣』など。ああいうテーマは、本当に大好きなんです。

私が日本の大学院に進んだのも、日本で映画のプロデューサーになりたかったからなのです。それはアニメというコンテンツの影響を間違いなく受けています。ですから、今のお仕事ができるのは、とても幸せですし、一生の事業としてやっていきたいと思っています。それを叶えてくれたのは、立木先生のおかげです。

 

  • 今回、立木法務事務所に、どんなビザを依頼しましたか?

私自身の「経営管理ビザ」と、従業員の「就労ビザ」を3件、合わせて4件のビザ代行を立木先生にお願いしました。

 

 

 

行政書士を10社比較して、立木先生に依頼を決めました

 

  • 李様が、「経営管理ビザ」が必要になった経緯を教えてください

2年前から、日本で法人を立ち上げ、自分でビジネスをやりたいと考えていました。すると外国人である自分が、日本で代表取締役になる場合、経営管理ビザが必要になることを、ネットで知りました。それでまず、ビジネスをするには、経営管理ビザと取らなければならなくなったのです。そこで、ビザの専門家である行政書士を探すことにしました。

 

  • どのようにして行政書士を選びましたか?

実は、私、慎重派で、家具を買うときであっても、10社ぐらいを比べて、もっともコストパフォーマンスの良いところを選ぶ性格なんです。行政書士選びも同様に、インターネットで比較して、まとめサイトで行政書士の選び方を学び、失敗しない選び方を自分の基準に照らし合わせて考えました。

10社ほどの行政書士事務所に話を伺って、ビザ取得に対する考え方や態度、流れや値段、サービスの丁寧さや対応の早さなどから、総合的に判断し、自分の中でもっともコストパフォーマンスの良いところに決めました。

 

  • 行政書士を10社比較して、立木先生に決めた理由は?

2つあります。「誠実な人柄」と「豊富な実績」です。

私は、誰かに業務を頼むとき、実際にどんな仕事をやっていただくのか、自分が把握しないと気が済まないタイプなのです。立木先生はそこを、「行政書士としてこういう部分を手伝うことができる」と、はっきり教えてくれました。すごく誠実な方だと思いました。

もう一つが実績です。

例えば、日本人の行政書士で外国人ビザの経験が少ない方の場合、あいまいな回答が多くなりました。「こういうケースはあまり経験したことないからちょっと不安なんですが……」とか「100%言えないかもしれないけれど……」という感じです。しかし、立木先生だけは「それは大丈夫ですよ」「それはいけます」と、はっきり言ってくれたのです。

それにすごくすっきり感がありました。それはたぶん、今まで外国人の方とたくさん接触されているので、海外のお客さまがどんな答えを望んでいるのかを分かっていらっしゃるんだと思います。その安心感はすごく大事ですし、これまでの経験からにじみ出てくるのだろうな、と思いました。

 

  • 「経営管理ビザ」をご自分で申請しようとは思いませんでしたか?

はい、考えました。しかし、専門家に依頼することにしました。

それには理由があって、自身の法人の設立は、自分で申請したのです。まず、法人設立の流れを理解したうえで、法務局や税務局、公証役場に電話をし、定款なども含め相談しました。そして、私がフォローしながら社内のスタッフに申請をしてもらい、無事設立できたのですが、ビザのほうは怖かったですね。

 

  • 「怖い」というのは、どういう意味ですか?

法人の設立は100%許可が下りますが、入国管理局はそうではありません。入国管理局は、法務局や公証役場とは違って、修正してくれたりする立場ではないので。ビザに失敗は許されません。もし取れなかったら、日本滞在はもちろん、ビジネスがスタートできませんから。

 

 

行政書士を選ぶ際に考えた、3つの条件

 

  • ビザ代行をサポートする行政書士は多くいますが、どのようにして最初の10社を選んだのですか?

まずは、インターネット検索です。キーワードは「外国人ビザ/行政書士」で調べました。

そのうち気になった何社かに電話をしたり、日本で一般的なLINEや中国で人気のWeChat(微信)というSNSで情報収集をしたりしました。私は仕事が忙しいので、メールよりもレスポンスが早い電話やSNSで連絡が取れるのはすごく助かります。しかし、残念なことに、多くの行政書士事務所がSNSに対応していなかったのです。その点、立木先生はLINEですぐに返事をくれました。

 

  • なぜ、日本ではLINEほど普及していないWeChatで連絡を取ったのですか?

WeChatを使っている行政書士事務所なら、中国人スタッフがいる可能性が高い多く、母国語である中国語で話を聞くことができると思ったからです。そうすれば、細かいニュアンスの違いも正しく理解できます。そのうえで、日本人の行政書士の話を聞けば、細部まで行き違いもなく進められると思ったからです。外国人である私にとって、ビザは何よりも大切なものですから。

 

  • 行政書士を選ぶ基準はお持ちでしたか?

私は3つの条件を考えていました。「1.仕事ができそう」「2.頭がよさそう」「3.優しそう」です。この3つの条件にあてはまる方にアプローチしました。

実は、立木先生にお願いする前に、ほかの行政書士と契約寸前で思いとどまったことがあります。都内の行政書士でしたが、3つの条件に当てはまり、とても高学歴の行政書士だったのです。しかし、質問に対して即答してくれなかったり、本当の事情を教えてくれなかったり、日本語で十分理解できるのに頼んでもいない英語の契約書を作成されたり…。どこか少し違うなと思い、契約は結びませんでした。

その点、立木先生は、当初からビザが取れるか取れないかを、はっきり教えてくれました。

 

  • 「はっきり教えてくれた」とは、どういうことですか?

ビザ取得の代行をお願いするのですから、私は可否が知りたいのです。しかし他の行政書士の場合、私のややこしい状況を話すと、「ビザは難しい」「面倒くさい」「100%とは言えない」ということしか教えてくれない。

そんな中、立木先生だけは、「確かに難しいけれども、逆にこうすればできる」というアドバイスをくれたのです。初めての電話なのに即答で、しかもはっきり教えていただけたので、対応力のある人だなと思いました。自分でも難しいことは分かっていたので、ただ難しいと言うのではなく、難しい状況でありながら、こうすればこういうルートもあるというのを教えてくれたので、信頼できました。それでお会いすることにしたのです。

 

  • 立木先生にお会いしたときの印象は?

想像どおりでした。写真もホームページに載っていたので、すごく安心していました。もともと私は人相を見るのが好きなんです。人相から優しいだろうなと思って電話をかけました。

でも、驚いたのはプリンターですね。立木先生は、プリンターをスーツケースに入れて持ち歩いていますよね。すぐに書類を書き換えられるようにと伺って、納得しました。初対面のときも、スーツケースから、いきなりプリンターを出されたんです。なんか、動くオフィスみたいですよね。

 

  • 立木先生と会って、気づいたことは?

1つ目に、対応の柔軟さが頭の良さだと思います。その人のニーズ、立場に立って考えてくれるところが、すごくピンと来たという感じです。

プロとしての知識をただ言うのではなく、一人ひとりの立場に立って、一番難しい状況から考えて提案することが、立木先生はすごくうまいと思いました。最悪の状況を考えて、最大の努力をするのが、立木先生の特徴ではないかと思います。

2つ目は、催促するのが上手だな、と思いました。

私の仕事は、いろいろな問題が急に入ってくるケースが多くて、ビザ関係をつい忘れてしまったり、後回しにしてしまったりすることが度々ありました。そんなとき、立木先生から絶妙なタイミングで催促してくれたのです。すごく感謝しています。教えてもらえなかったら、期限までに間に合わなかったと思っています。

 

 

日本の職人さんの素晴らしい技術を世界に発信していきたい

 

  • 今後のビジネスの目標や展開は?

デザインのマッチングサービスを含めて、素晴らしい日本のコンテンツを海外に輸出するのが事業の中心だと思っています。ですから、日本からクリエイティブコンテンツを輸出する「ナンバーワン企業になりたい」ですね。

現在は、オンラインを中心としてのコンテンツ系や映像系など、モダンなところが多いのですが、私自身が映画プロデューサーになりたかったこともあって、映像を制作しオフラインで展開したいと思っています。そんな中、いま取り組んでいるのは、日本の職人さんの素晴らしい技術を世界に発信すること。先日も、私がプロデューサーとして投資家を募って資金調達し、「金継ぎ職人(陶芸品を修復する日本の伝統技術)」のドキュメンタリーを日本人の監督さんに撮ってもらいました。今後は、このようなオフラインのコンテンツも並行して進めて行きたいと思っていて、立木先生にも相談しているところです。

 

  • 最後に立木先生にメッセージをお願いします

ビザの件では、大変お世話になりました。私の「経営管理ビザ」だけでなく、社員の「就労ビザ」も無事に許可を取っていただけたことで、今のビジネスが続けられています。本当に感謝しています。ありがとうございました。

今後は、オフラインでの事業展開も計画していますし、いろいろとご相談することもあるかと思います。また、それぞれのビザの更新もお世話になると思います。これからも末永く、ご指導いただきますようお願いします。

 

李 露倩様 お忙しいところ、ありがとうございました。

 

取材日:2018年11月
取材協力:キョーカンシャ!

※文中に記載されている数値情報等は、いずれも取材当日のものです

 

下記のような方に、当事務所のサービスをご活用いただけます。

 

自分で申請したけど不許可になった

このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。

外国人を雇用するがどうすれば良いか

このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。

本国から奥さんと子供を呼びたいがどうすれば良いか

このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。

留学生で日本人と結婚したが配偶者ビザはもらえる

このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。

日本人と離婚したが日本には居られるか

このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。

会社を作って経営管理ビザを取るにはどうすればよいか

このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。

平日は忙しくて時間が取れないが何とかしてもらえるか

このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。このような悩みを解決いたします。

 

他社との違い(当事務所の8つの特長)

①許可保証制度

神奈川ビザセンターでは、ご依頼いただいたにもかかわらず不許可になった場合、再申請、場合によっては再々申請まで無料にて行います。

※ただし、以下の通りお客様の責任により不許可になった場合は再申請、再々申請は致しません。
 1)不利益な事実を隠していた場合
 2)ご依頼後、申請中の犯罪行為
 3)税金の未払い
 4)入国管理局の指示に従った書類提出に協力しない場合
 5)結果が出る前の申請取り下げ並びに再申請・再々申請を行わない場合

 

②無料相談実施中!電話:050-1004-6388

簡単な内容については電話での相談をご利用ください。

 

但し、電話では正確な判断とアドバイスができませんので、詳しい内容については面談でのご相談をご利用ください。

また、土日、祝日、平日の時間外(早朝・夜間)も可能でございます。

お電話やメールでのご相談も可能ですが、資料などの提供による詳しいご案内がどうしても難しいので、アポイント後のご面談による相談をぜひご利用ください

 

③就労ビザ取得後も継続サポートいたします!

神奈川ビザセンターは当面の就労ビザ許可取得のためだけに全力を傾けるのではありません。
数年後の更新はもちろん、転職の際のアドバイス、結婚、離婚によるビザの変更、将来の永住ビザ取得のためのフォローなど、当面の許可取得で終わりではなく、その後も全力でサポートさせていただきます。

 

④外国人従業員を雇用する事業主様の労務管理も共有します!

外国人従業員のオーバーステイ(在留期限の切れている人)や、資格外許可の外国人アルバイトなどの労働時間の管理、就労ビザ許可の範囲外の業務内容のチェックなどの労務管理を共有することにより、リスクを未然に防ぐことができ、さらに

・資格外許可をもった外国人アルバイトの採用による事業の人手不足や経費削減
・外国人従業員のご家族のビザサポート

など外国人の方々、事業主様、採用担当者様などの更なるご発展を共に全力でサポートいたします。

 

⑤外国人の方の会社設立ご相談件数も多数経験がございます!

技術・人文知識・国際業務などの就労ビザを取得されている方からの会社設立のご相談も、最近は大変多くご相談をいただいております。
一般的なビジネスルールや法令順守でOKの日本人の会社設立とは違い、入管法の知識や理解が特に大前提である外国人の方の会社設立は、安易に進めると取り返しのつかない事態も想定されます。
ぜひ、神奈川ビザセンターにご相談ください。、現状にあったアドバイス等も含め、サポートさせていただきます。

 

⑥依頼後のビザ以外の法律相談も対応いたします!

神奈川ビザセンターは、ビザ申請を中心に行っておりますが、遺言・相続・離婚、家族信託・ペット信託などの市民法務や、会社設立、古物商許可や建設業許可などのビジネスライセンス(許認可申請)も行っております。

 

⑦どんな小さなことでも誠心誠意ていねいに対応いたします! 

ただでさえ、難解な法律です。分からないことがございましたら、どんなに小さなことでもお気軽に何でもお話しください。誠心誠意ていねいに対応させて頂きます。
私達はお客様とのコミュニケーション、心の通い合いを最も大切にしたいと考えています。お客様がお気軽に打合せできることにより、重要なことを正直にお話しいただけることによって、私たちもより確実な申請書類を作成することができ、許可取得の可能性をさらに高めることができます。

 

⑧国際行政書士のネットワークで成功に導きます  

神奈川ビザセンター自身が就労ビザに力を入れているのはもちろんですが、それに加えて、就労ビザに詳しい専門家同士のつながりがあります。

これが、神奈川ビザセンターが自信を持ってあなたをサポートできる理由です。

通常、少人数で活動している行政書士には扱える案件の数にも限りがあります。

しかし、ネットワークでのつながりがあれば、お互いの成功事例を共有することができます。

つまり、過去の成功事例を元に就労ビザの申請を代行できるので、高い成功率を保証することができ、安心してお任せいただけるのです。

 

外国人雇用についてのご相談は

一般社団法人 外国人支援機構

 

ご利用料金

申請ビザの種類 報酬額(別途消費税)

海外から外国人を招聘する

(在留資格認定証明書交付申請)

95,000円

※退去強制歴がある場合は+15,000円

※自主出国歴(オーバーステイ等)がある場合は

+50,000円

ビザ種類変更(在留資格変更許可申請) 95,000円

現在のビザを延長したい

(在留資格更新許可申請)

40,000円

※転職・離婚後の更新は95,000円

在留特別許可申請 185,000円
永住許可申請(会社員) 125,000円
永住許可申請(社長・役員) 130,000円
短期滞在(親族訪問・短期商用) 40,000円
経営管理ビザ(変更) 150,000円
経営管理ビザ(認定) 185,000円

★いずれの場合も自己申請または他社申請で不許可からのリカバリー(再申請)+25,000円

☆在留カードの受領代行の場合は+20,000円

◎取得書類に必要な実費並びに交通費は別途ご請求いたします

△着手金入金後、お客様のご都合で申し込みを撤回された場合は着手金はお返しいたしません。

電話:050-1004-6388

 

 

 

出版実績

本書においては、在留ビザの中から勤めるためのビザ、就労ビザの解説をわかりやすくまとめたものです。

就労ビザとは2018年11月現在で28種類あります。

主なものとしては、いわゆるホワイトカラーの『技術・人文知識・交際業務』、中華料理店やインドカレー店などの調理師の方などの『技能』、海外の企業の日本支店に転勤してくる際の『企業内転勤』、会社を設立して経営する際の『経営・管理』、大学生が就職活動をする際の『特定活動』、また2017年9月に新設された『介護』などです。

本書の構成は、以下の通りとなっております。

第一章:就労ビザの概要と種類について

第二章:外国人雇用の注意点

第三章:具体的なビザの取り方について

第四章:過去に私が経験した事例のご紹介

第五章:Q&A

書籍のご購入は以下のURLよりお求めください。

https://www.amazon.co.jp/dp/4909484302/

 

当事務所アクセス

 

 

事務所名 立木法務事務所特定行政書士立木宏行
所在地 〒215-0032
神奈川県川崎市麻生区栗木台4丁目2番10号
アクセス 小田急多摩線栗平駅徒歩7分
TEL 050-1004-6388
MAIL tachikihoumu@workingvisa-kanagawa.com
営業時間 営業時間:9:00~21:00  土日祝日も対応可

無料診断受付中